1. ホーム
  2. グリーンスムージーの基本
  3. ≫ グリーンスムージーと青汁の違いは?ダイエットにはどっちがおすすめ?

グリーンスムージーと青汁の違いは?ダイエットにはどっちがおすすめ?

見た目そっくりなグリーンスムージーと青汁 その違いは・・・

最近話題のグリーンスムージー。ダイエットや健康のために利用している方が急増しています。
でも、緑色の粉末の健康食品といえば、「青汁」という先輩格がありますよね。青汁とグリーンスムージーの差はいったいどこにあるのでしょう?
まず、大先輩である青汁は、原料がケールや大麦若葉、明日葉といった栄養豊富な野菜です。栄養はたっぷり含まれているのですが、独特の臭み、青臭さなどが強いことから粉末状にし、飲みやすい形にしています。
一昔前は青汁=まずいというイメージでしたが、最近ではかなり飲みやすく、抹茶風味でお子様でも飲みやすいものも多くでまわっています。
野菜不足を補いたい、健康を維持したい、そんな方にオススメなのがシンプルな青汁です。
一方、グリーンスムージーは、青野菜とフルーツをミックスして作られるのが基本です。
ご自宅でミキサーを使ってつくる場合もそれは同じです。
これを粉末タイプにしたグリーンスムージーは、見た目は青汁そっくりですが、味には大きな差があります。
果物が入っているためフルーティーで飲みやすく、また青汁に比べ原材料も豊富に含まれているものが多く、人気のものは200種類もの野菜や果物を利用して作られています。
また、酵素が取れるものも多く、さらにとろみやお腹で膨らむ成分が配合されているものなど、ダイエットしたい方向けに作られているものが多いのがグリーンスムージーです。
どちらもビタミンや食物繊維が豊富に摂れることは同じですが、置き換えダイエットやダイエット中の間食がわりに利用されるのであればグリーンスムージーが人気が高いようです。